基本的に無農薬、有機のもの、無添加のものを選りすぐっています。

道内産の材料を出来る限り使い、地に根をはったパンが焼けたらと思っています。

 

 お店のすぐそばには『馬追の名水』があり、そんなお水をじゃんじゃん使ってパンを焼いています。

お店の前の白樺林から白樺樹液をとってパンにまぜたり、

小麦は同じ長沼町の『メノビレッッジ』さんのものを使わせてもらっています。

小麦粉、ライ麦、など道内産のものを使っています。

小麦粒・ライ麦粒・玄米などは自分で石臼引きし、挽きたてのものを使用しています。

塩は話フランスのゲランド塩を使用。

ブルーベリーは同じ長沼町の『東山農場』の無農薬の物を。

花豆、小豆は由仁の『ふれあい体験農園みたむら』さんの無農薬の物を使わせてもらっています。

 

 

無添加で体も大喜び!